上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日、8月13日に誕生日を迎えました。

たくさんの「おめでとう」メールやメッセージありがとうございましたm(_ _)m

11年前、入院中だった私は病院で誕生日を迎えました。

4月のはじめに手術を受けてから、入院治療生活を送ってた私は、この時点ですでに入院4ヶ月を過ぎてて、治療の効果はあるのか、いつ退院できるのか、むしろ退院する日なんて来るのか…
憂鬱な毎日を過ごしてました。

そんな中で迎えた誕生日。

家族がバースデーケーキ(しかも、ホールのやつ)を買ってきてくれたんです。
でも私、全然嬉しくなくて…
どちらかというと、むしろ迷惑(-。-;

病院の狭い面会室?のようなとこで、バースデーケーキを食べるのってどうよヽ(´o`;
せめてカットしたショートケーキにして(T . T)
と、言いたいけど
私が喜ぶ?と思って買ってきたのであろう家族には言えない。。。

起き上がることも、しゃべることもしんどい日が多かったけど、心配かけたくないからそんな姿は見せられない。。。

長く入院してると、いろんなことがありました。

退院していく人はもちろん、亡くなられた方、転院していった方。
退院してもすぐ戻ってくる方…

ある日、もう何度も入退院を繰り返してる方が私のベットに来られて
「もう楽になりたいねん」と、話し始めました。
「最初は薬も効いてたけど、もう効かない。家で過ごす時間より、病院で過ごす時間の方が長くなった」って。

「ムリやと思ってた息子の結婚式にも出れたし、孫の顔まで見れた。
家族は1日でも長く生きてて欲しいって言う。動けなくなっても、息してるだけでもいいから生きてて欲しいって。
家族を悲しませたくないから、がんばってきたけど…治療も辛いし…もう楽になりたいねん」と、自分の思いを、家族には言えない本当の気持ちを、たぶん息子さんより若い私に涙を流しながら話されました。

その気持ちがすごくわかったから、私も辛かった。

私は7ヶ月の入院生活を終え、11月に退院することができました。

あれから11年。

あのときの会話は、何年たっても私の心に深く残ってます。

私は今年も元気に誕生日を迎えることができました。
たくさんの方に「おめでとう」って言っていただきホントにありがとうございますm(_ _)m

生きてることは“奇跡”の積み重ねで
誕生日を迎えことも、当たり前ではなく、とっても“有難い”ことです。
だから、「おめでとう」の言葉は重く大切に、また1年を過ごして生きたいと思います(^^)

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。