上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早朝より洞窟の温泉から、素晴らしい太陽を拝み
この日は那智の滝、青岸渡寺、那智大社、速玉大社、本宮大社へ。

那智の滝はいつきても何度きてもいいですね~☆

那智大社では【霊風を起こす】という“うちわ”を授与しました。
この“うちわ”は
平成23年の台風で被害にあった
杉の御神木から作られたものだそうです。


扇ぐと、微かに杉の香りがして良い感じ (((o(*゚▽゚*)o)))

速玉大社にはなんだか象の鼻みたいな龍 ^^;



本宮大社の龍はこんな感じ。



本宮大社の拝殿の前に
なにげなく置いてある一対の石。

なんとなく不思議に思って
手を当ててみると・・・
すっごいパワーを感じる(*_*;

すると、川が流れてるイメージ。
ゆるやかな川の流れ♪
から、どんどん激流に(・・;)
さらに川は上下もわからないほどの濁流になっていって
わけがわからないほどグチャグチャに・・・

なんなの?このイメージは??
もしかして、この石の歴史???

あたりを見ても、この石の説明は何もないので
社務所へ行ってたずねてみました。

あの石にはどんな由来・縁起があるのですか?と。

すると、「あの石は、もと社殿のあった中州(本宮大社の御神体)が
流されて、そこから出土したものです」と。


えぇ~~~

私が感じたイメージは、ホントにあの石の歴史やったんや

ん?ってことは御神体?ですか?(゜o゜)


なんだかあんまり大切にされてる感じじゃないのが気になりますが。
いつかちゃんとお祀りされますように♪

西国の巡礼と、熊野三社めぐりという
お仕事とはいえ、贅沢で有難い2日間でした(*^。^*)
スポンサーサイト
2013.7.6~7
29名のお客さまとスタッフ5名で
西国霊場1、2、3番札所と
那智の滝、那智大社、速玉大社、本宮大社へ。

1日目 3番 粉河寺、2番 紀三井寺へお参りさせていただき
海沿いのルートから宿泊先のホテル浦島へ

途中、弘法大師と天邪鬼の伝説が残る“橋杭岩”へ。
あいにくの曇り空でしたが
やはり何度見てもすばらしい景色(*^。^*)
   
自然ってすごいなぁ♪って感動します。

そして必ず初めて来たときのことを思い出す。。。

何年経っても変わらない景色と思い出(^.^)

ホテル浦島はお風呂がいくつもあって
中でも洞窟の温泉が素晴らしいんですけど
今回は朝一番乗りで“玄武洞”へ行き
海から昇る日の出を・・・♪

が!角度的に見えなくて残念に思ってたら
後から入ってきたオバサマ達が
「ここからやったら見えるよ~♪」って

柵をまたいで外へ(~o~)
もちろん素っ裸ですよぉぉぉ
そして崖ですよ(゜o゜)
ちょっと躊躇したけど私も出ちゃいました (笑)
さすがに危なかったけど
とっても素敵な景色にまたまた感動!

時間の流れ

2013.6.29には26名のお客さまと
2013.6.30には42名のお客さまと
2日続けて
西国 5番、6番、7番、8番、番外 法起院へ行ってきました。

少し汗ばむ陽気のなか
真っ白なアジサイが
光を受けて輝いてました。


紫陽花と竹林の景色もステキです(#^.^#)


明日香の石舞台古墳の近くにある
龍蓋寺(岡寺)では可愛い蓮の花が咲いてました。

1日目


2日目


1日目にキレイに咲いてた白い花が
2日目には散っていて
つぼみだった赤い花がキレイに咲いてました。

着実に時間は流れ変化してるんですね。
諸行無常…

またまた 龍。

今日は43名のお客さまと
西国観音霊場の26,27番をお参りしました。

梅雨入りしたのに
爽やかな、いいお天気(^。^)

26番 一乗寺

国宝 五重塔

27番 円教寺

龍のお手水


護法石

今日は一乗寺“賽の河原”と円教寺“護法石”と、石つながり?なので 石 のお話をしました~(^ω^)

龍 。

昨日は43名のお客さまと
西国霊場 20、28、29番へお参りしてきました。

28番 成相寺のお手水は
私の大好きな“くりから龍王”です(#^.^#)


ちょっと剣が短めなので一見わかりにくいです・・・

成相寺の本堂からさらに山を上がった『パノラマ展望所』や
五重塔の横の山を上がった『弁天山展望台』からの景色は
ホントにすばらしい♪

昼食会場が丹後一ノ宮 籠神社(元伊勢)の近くで
お客さまは食事の後、
天橋立傘松公園(股のぞきで有名な)へ
私はひとり籠神社&真名井神社へ(●^o^●)

籠神社では水無月(6月)限定の神事
“茅の輪くぐり”がありました。


茅の輪くぐりは正月から半年間の罪穢れを祓う
夏越(なごし)の大祓えで茅草で作られた大きな輪をくぐると
疫病や罪が祓われるそうです。

私も茅の輪くぐりをし、足早に“真名井神社”へ

参道から社殿が見えない造りになってます。


狛犬ではなく…狛龍?


こじんまりとした社殿(拝殿)


社殿の後ろに磐座
  

これは?
“産盥”だそうです。

籠神社の賑わいがウソのように
ひっそりと静かな真名井神社


すっごいパワーを感じたのですが
なんだかちょっと怒ってるような。。。気が(>_<)

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。